Blog

現場レポート

重ねた時間の意味!!

こんにちは

an. Design House 石栗です

本日は

拓北の現場に向かいました!

いよいよスチール階段の設置です

大きな吹抜けの中にシャープな

鉄のラインが表現されます。

現場監督や職人さんが

細かなディティールを

計算して実際の建築を

『原寸』で構築していきます

今回の建築では

この鉄のデザインが

Pointのひとつになります

広いVoidに回遊するように階段が

生まれそれを正面から眺めると

積層するデザインが存在します。

こうして、空間に

大きな意味をつくります

静かな場に

『動の構成』を表現する。

これはお客様と一緒に考えた

部分になり時間の積層の

結果でもあります。