Blog

設計士のひとりごと

撮影の時間・・・!

こんばんは

an. Design House 石栗です

八軒の家の写真撮影の日でした。

写真家は知合いのKEN五島さん

にお願いしました。

昔から、そうですね10年以上前から

私の建築を見て感じ納めて頂いて

おります。

いよいよ撮影です。本日は

天候は曇りで時々雨も降る中で

スタートです!

快晴もよいですが~

曇りはくもりの良さがありWW

今、自分の建築が

目の前に存在し

静かに佇んでいます・・

さあ~どおなるのだろう?

本物は大切です、でも写真も大事で

この空間がどのように写るのか?

光と影と時間とが区切りとられ

そのものが結果として表現される

虚像ではない本物を・・一瞬で

 

レンズはもとより人を通して

その空間と時間を

写しだします。

大切ですよね~~

だから気の知れた

価値観の合う

人に写真を撮って頂ける方が

自分はいいような気が

いつもしておりますw

自分の建築に対する思いを伝えます

できるだけ素直に真っ直ぐに

ただ、その一瞬のために・・

昼間の撮影も終わり夕景まで

お食事をして 束の間の休憩をとり

夕景は18:30まで

一日 有難うございました。

こうして何か月間の構築の結果を

一瞬で区切り撮る

緊張感でいっぱいです!

 

でも・・シャッターをきってから

その撮影した写真がカメラの画像に

写るまでの『間』は久しぶりに

胸がドキドキして

楽しかったです。

 

そうです・・絵!

内覧には一応飾りますが

絵も70%のできで残りは時間を

かけて完成させます!!

なかなか難しくとても

勉強になりましたww

『学ぶこと』

それは、自分を変えることで

その瞬間から世界観が

違って見えてくるの

かもしれません

今回も絵を描くことを通し

目で見て手を使って

絵具の匂いを感じ触れる

そのように身体を使うことが

状況を変え感覚がはたらきますね!w

学ぶ・・大切に感じました

諦めず完成させていきます!