Blog

設計士のひとりごと

建て方準備を!

こんばんは

an. Design House 石栗です

新川の現場は基礎も順調に進み

11月の初旬から、いよいよ大工さんの

工事となります。

設計デザインの私はその構造や納まりの

検証の時間となります。

しっかりと木の構造(軸組)などの

寸法をチェック致します。

本日は木材のプレカット工場の皆様

設計・現場と数時間の打合せを

行いました。その後は

設計デザインと当社の現場監督

大工の棟梁とでの三者の打合せとなり

実際の細かな納まりをお互いに確認をし

綺麗な建築を目指していきます。

全体の建築空間の方向性が見えてきたら

次は電気関係・照明デザインの方に

入っていきます。

また、新川に新しい建築が生まれますので

楽しみにしていてください。

やはり、いつも感じておりますが

この着工前の施工に向けての準備が

とても大切となります。

工事が始まってから焦ってその場で

問題を解決するのではなく

出来るだけ事前に考え問題を見つけ

何かあればお客様との協議のもとで

進めていければと思っております。

建築は無いものを有るものに変化させ

実体を構築いたします。

その新しい価値をオーナー様と一緒に

共有できるよう努力をさせて頂きます。