Blog

現場レポート

新川はいい天気といい雰囲気でした

こんにちは

an. Design House  石栗です

本日は新川の現場に向かいました。

現在は外部下地も終わり大工さんの

内部下地工事となります。

天井下地も徐々に現れ空間のバランスが

はっきりとしてきました。

下地の位置など現段階からしっかりと出し

今後の家具の棚や固定などのために

現場監督が指示しております。

デザインを綺麗に納めていくにはこうした

設計デザインと現場監督・大工さん

との連携が全てとなっていきます。

 

さらには端正なデザインは

この下地段階での精度や

作りての心など 様々な面を

繊細に保つことが大切となってきます。

設計図書や施工図なども大事ですが

人の心がけは、もっと大切だと感じて

おります。

現場の雰囲気はその現場監督で

決まりますww

今日の現場の雰囲気はとても清々しく

気持ちの良いものでありました。

プロとして仕事の結果はしっかり納め

当たり前に遂行していくものですが、

実はその結果がどのような考えでの

プロセスを踏んだ結果なのかでは

大きな違いが生まれます。

 

『有難うございます』

素敵な建築が出来上がる条件がしっかりと

現れている感じた、良い時間になりました。

引き続き 現場監督と棟梁

宜しくくお願い致します。