Blog

設計士のひとりごと

選択による新しい時間!

おはようございます

an. Design House  石栗です

昨晩からでしょうか・・・雪が・・

ちら・ちら・・

少しだけ早く目が覚め

思い切って玄関の外へ

 

お!!綺麗ですね~w

 

目の前に現れたその雪は柔らかく

自然光ではないですが外灯の光で

微かに反射していました。子供の頃は

そんな瞬間を見て

胸がワクワクしていたことを

お想い出しましたw

 

昨日の夜に八軒のお客様とカーテンの打合せを

させて頂いてた時に息子さんが

私の座っているテーブルに

駆け寄って来てくれて

雪!

雪が降ってきた!そう私に伝えて

くれたことも同時に

今 とても純粋な表情であったこと

想い出しました。

 

八軒のお家のカーテン関係は決定いたしました!

昨晩はご家族の皆様と一緒に

建築(住宅)を建てること・建てた後の

インテリアも含め対話をさせて

いただいた時間は私自身にとっても

これからの大きな成長と原動力なり

オーナー様には貴重なお時間も含め感謝

致します。

 

『デザインとは!?』という視点

 

デザインはあくまでも問題解決の手法であると

考えます。感性や創造、絵心とは

違うところに存在するのだと。

私がプロとして何を行うか?

注文住宅という概念から言いますと

常に平均ではなくそのオーナー様の想いを理解し

新し視点の提供や

新しい課題の発見などだと考えます。

 

昨日もそのような観点から

ご家族と建てた住空間を眺め

出会いから完成・その後の建築まで

多くの声をお聞かせいただき

少し前の過ごした時間ではありますが

嬉しくもあり感謝の心で

いっぱいであります。

 

設計やデザインとは

問題を発見し解決の糸口を示す

能力です。

美しさとは そのことに真摯に向き合い

解決する努力を怠らず示してきた先にあり

結果、美意識として存在するのだと

思います。

旦那様はいいました。

 

この家は、これで良かったのだと思う

 

私が偉そうに言えることではありませんが

その瞬間の語られた言葉の意味や

伝わってきます力からは

直感性と多くの経験値からくる

知識・見識 さらには胆識を経てきた

ことでの人の器量や質などの部分を感じました。

それは 勉強になることとなりました。

 

家づくりは、ものづくりではありますが

やはり

人づくりであり深く認識できました。

これからも、この大切な経験を活かし

改めて素敵な家づくりを目指すと決意した

一日となりました。

何を選択するかによって

何が生まれるのか?それが素晴らし時間に

なることを願います。

 

もう冬ですね~~