Blog

設計士のひとりごと

やっと・・Book!!

こんばんは

an. Design House 石栗です

本屋さんは大好きで・・

やっと足を運べました

江別の『蔦屋書店』です!

空間に本が沢山あるとテンションが

上がりますね

UP~UP~ww

 

朝到着してまずは

珈琲を飲んでゆっくりしました。

 

建築はそれぞれの3建築(空間)を

廊下でつなぐデザインです。

 

江別蔦屋は夏の間は林の中もしくは

森の中で緑の雰囲気が味わえる

環境の作り方で北海道らしいです。

 

冬は葉が落ちた枝が綺麗に見え

春は新緑の葉のデザインが広がり

秋は紅葉で視覚的に感じて

四季を楽しむことができますね。

 

ちなみに6年前に東京の代官山の

蔦屋書店を

見学したことがあり

その頃を想い出しました。

 

 

代官山の建物は

建築に看板をつけるのでは

なく『T』で各部材や建築を構成し

Tマークのデザインになっています。

そのディティールや内装を体感し

衝撃を受けて、その場ですぐに

ノートを開きスケッチしましたww

 

話を戻しますね~

江別の空間はなんだか家にいる感じがして

商業施設の感覚とは

少し違っていたような~

ブロックごとに本が置いてあり

好きに手にとって

心地よいタイミングで椅子に座り

ゆっくり時間を過ごせるように

なっていて至福のひと時に・・・

スピードのある時代には

いい時間の流れかもしれません。

 

またテーブルに座って木々を眺め

仕事をして帰りました。

 

あんなに本があるなんて!ww

家に帰ってきてスケッチしながら

思い返してみました。