Blog

現場レポート

いよいよ!階段取付です

おはようございます

an. Design House  石栗です

昨日は川沿の現場に向かいました!

いよいよ!

鉄骨階段の取付になります

吹抜けの空間にあるべき姿の状態

大きな縦長の部分に1階と2階を

つなぐ機能(階段)が現れます

階段は彫刻的な主張も目指して

おります。

空間には偶然に生まれる部分と

必然により生まれる部分と

その二つのバランスを

持ち合わせることで

豊かさも生まれるのではないかと

最近は考えております。

そんな建築をプロの職人さんが

いつも形にしてくれております。

鉄という固く重い素材を

ここまで軽やかに施工できる

技術にはいつも感心と感動を

おぼえます。

ありがとうございます!

 

 

大工さんの工事も昨日で完了

皆で建築の変化していく様を

一緒に感じた時間になりました。

一つのものを

多くの人が共有しその意味を理解し

確認していくこと・・・

素敵なことです。

体感のすばらしさですね~

 

大工完了は一つの区切りとは

なります、少しの時間

大工さん・監督と一緒に構築した

建築を眺めながら その意味合いなど

しっかりと確認していました。

その先にはお客様にとっての空間であり

住宅であります。そのことを大切に

忘れないようにしなければ

なりません。

 

今回の建築も

棟梁

ありがとうございました。

 

次回は塗装工事・クロス工事など

内装の仕上げ工事となります

現場監督 引き続き管理宜しく

お願いします。