Blog

設計士のひとりごと

キッチン打合せ!

こんにちは

an. Design House  石栗です

今回 北28条の建築で使用する
オーダーキッチンの面材の打合せに
旭川の木材工場と家具工場に
キッチンメーカーさんと同行いたしました

an建築ではオリジナルの商品を
目指しております
午前中はキッチンの面材ベースになります
木の
樹種や木肌など自分の目で確かめる
ために工場へ
午後にはキッチン製作元の家具工場へ向かい
細かな納まりの打合せを致しました。
さすが旭川家具の技術者です
機能による寸法・デザインによる寸法
様々な観点から吟味しディティールを
構成できました。
ありがとうございます!

 

木にはいろいろな
歴史もあります、生きています

その様々の特性を知り
お互いの感性や到達地点である
デザイン性を共通させる作業は
とても大切になります
できたものを使用するのではなく
なるべくオリジナルのものを
つくり出す
全てのものとはいきませんが
時間の許す限り 検証し構成し
実行していきたいと思っております

時期タイミングではありますが
木肌など求める木材が存在するのかが
pointにもなります。

今回は綺麗な木肌の面材が
できそうです!!w

 

また面材とはいえ
その材料を製作される
職人さん方にan建築の想いを言葉や
表情で伝えれたことが一番でした!

 

『簡単なものでないよ~』って・・w
でも・・
出来るだけいいものを!!
そう言葉を残していただきました!

職人さんの表情や目はプロでした
宜しくお願い致します。

 

 

やはり人と人が関わり合い
いいモノが出来上がります。
私はいつも心に感じております
人が何十年も継続し努力した
確かな技術は宝であり
その素晴らしい職人さんと一緒に
お客様のための住宅が構築されるよう
毎日ひとつ一つ努力を重ねることが
デザイン設計するものとして
anデザインハウスとして、大切にしなければ
ならないと思っております。

何よりもキッチンメーカーさんの
担当者様のご協力があってのことで

感謝致します。

北28条の建築で初の木のオーダーキッチンと
なりますので内覧会を楽しみに
していてくださいませ!

 

ちなみにランチは
美味しいハンバーグをいただきました~!