Shade House

影があるからこそ光が存在する
その風情を感じるデザイン

2020.8.19
PHOTO:KEN五島


空間に質感をもたらし
奥行きをつくりだすこと
そこは自然の木陰をイメージ
木々や枝葉が日光を遮る所となるが
逆に隙間から差し込む光は
あたたかさや本来の光の美しさがあり人に優しさや癒しを感じさせる
そのような柔らかな感覚を大切にして
設計しました
また光と影のコントラストを
素材や色合いで重ねて表現し
空間と空間を自然につなぐ
陰翳の間をデザインした
建築となります
それが『Shade House』

間取り 3LDK
建築面積 99.79㎡(30.13坪)
延床面積 156.51㎡(47.25坪)
敷地面積 212.16㎡(64.17坪)

< Previous