Blog

設計士のひとりごと

光のデザイン

おはようございます

an. Design House 石栗です

西野の建築は今月の中旬

もうまもなく大工さんの建て方工事と

なります。

昨日もお客様とお家の打合せをさせて

いただきましたが メインは照明計画で

いろいろな観点から一緒に対話を

重ねました。

 

プロセスには

内装(床・壁・天井)の

素材感や色、空間感や

各機器類のディティールなど

すべてのことが

干渉し対照となります。

 

 

住空間の暮らし方と『光』の関係を 

考えますと、

その意味は深いものとなり照明の

役割は一層 人にとって重要な部分の

要素のひとつとなります。

照明とは必要な光の供給ですが

それと同じくらい光の陰影のバランスは

大切になってくると考えます。

光による効率と効果はしっかりと

構成しなければなりません。

インテリアとして

光のみとして

その二つ 調和と主張をまもり

照明器具の存在理由を

見出すことができますように

これからもデザインを提供させて

いただきます。

 

昨日のお客様との打合せは楽しく

そして悩ましくw

いい時間となりました。

 

日曜の朝を感じながら

引き続き光のデザインを

考えます!