Blog

設計士のひとりごと

内装デザインの検証!!

an. Design House   石栗です

 

今日は朝は快晴でしたw

午後からは雪模様で・・・しんしん・と

 

本日は現場を見て感じたままに

恵庭の建築の内装デザインを

考えていました。

内装のデザインといっても

外部との関係はあります。

建築は外と内の連続性で

成り立っております。

構造的な木材のプレカット

サッシの寸法をミリ単位で調整

外壁などの納まりなど

この段階から

検証し 木材屋さん・サッシ屋さん

外壁屋さんとの

打合せに備えます。

何でもあとからというのは

上手くいかないことが多いので

必要な部分では時間をかけて

考え抜きます。この時間は

お客様にもご理解を頂きまして

進めさせていただいております。

お客様との打合せには、その考えた

デザインによる結果を詳細図・展開図

などの設計図により打合せを

行っていきます。

 

今日のような時間はその設計図を引く

準備や起こした図面の再確認など

重ねる作業となります。

同時に着工時の状況など現場監督と

連携しそのディティールをお互いに

認識し備えます。

 

注文住宅とはただ既製品を

設置していくことではなく

お客様の想い デザインする意図

その部分をできるだけ把握し何度も考え

ディティールを追求・探求し

細部にわたり繊細に求め構築します。

光や寸法 表層の現象やバランス

それぞれ複雑に重なり合う本質を

見極めていき、その先の

答えとなり得るだろう空間を

導きだし表現していくことに

なります。

 

 

設計デザインとは日常のすべてであり

哲学をもっているコトであります。

 

家族にとってのストーリー(物語)は

時間を刻み 歴史や想い出を 

つくり・・人の心に残ります。

その優しく柔らかなところの

かけがえのない大切なものを

守っていられる家がいいな~

 

 

そう・・いつも感じます。